044-411-3661当日受付WEB予約はこちら

たこ・うおのめ

Medical menu

たこ・うおのめとは

たこ・うおのめとは

たこ・うおのめは、皮膚の一部が長時間刺激を受けて角質層が厚くなる病気です。

たこ

たこは、うおのめと違って刺激を受けた辺り全体の皮膚が少し黄色味を帯びて、厚く硬くなって芯を持たず盛り上がってきます。たこは足の裏以外にも、靴と擦れやすい親趾や小趾、体重のかかる足の裏などに多くみられます。また生活習慣や職業やその人の癖など、身体のあちこちにできます。他にもペンだこや座りだこ、子供の吸いだこなどもあります。うおのめと違って痛みの無いことが普通で、むしろ厚くなった角質により感覚が鈍くなっていることがあります。

ただ、放置していると芯をもってうおのめに進行することもあります。たこに痛みや赤みを伴う場合は、細菌感染を起こしている可能性がありますので早めの受診が望ましいでしょう。とりわけ糖尿病の患者さんでは重症化しやすいので注意が必要です。

うおのめ

うおのめとは、魚の目と書き、名前の通り魚の眼球に似ており、足の裏や手のひら、指と指の間にできるのが特徴です。皮膚の角質層が硬く厚くなった膨らみの中央に、さらに硬い芯を持ちます。この芯は皮膚の奥深くに向かってめりこんでいるため、軽く触れたり歩いたりするだけで激しい痛みを伴い、生活に差し支えることがあります。汗をかきやすい指の間などで、痛みを伴わないうおのめができることもあります。

たこ・うおのめの原因

たこ・うおのめ原因

主に足に変形があったり、足の形に合っていない靴を履いていたり、つま先から着地するなど、足の一部に局所的に長時間圧迫、摩擦を受けるような歩き方をしたりしていると、その部分にうおのめやたこができる場合があります。表皮の一番外側の角質層がケラチンというタンパク質を余分に作り出し、圧迫や摩擦を受けているところを厚く覆って守ろうとすることによるものです。

その角質が骨と骨の間のような柔らかい所にできるのがうおのめで、硬い骨の上にできるものがたこです。これらは、防御反応で皮膚が通常より厚く硬くなったもので、水虫のように菌による感染症ではないため、人にはうつりません。

たこ・うおのめの治療法

たこ・うおのめ治療法

基本的な治療方法は、原因となっている「皮膚の一部が圧迫などの刺激を受け易い」状況の改善を行うことです。

うおのめ

問題となる歩行時の激しい痛みをとる必要があり、楔状に食い込んだ角質を除去します。最も一般的な処置方法として、うおのめの大きさに合わせて切ったスピール膏を数日間貼り、角質を軟らかくしたあと中心部の眼の部分だけをメスやハサミなどで切りとる方法があります。痛みの軽減や再発予防のために、パッドなどを用いて圧迫除去を行います。
さらに歩行異常や骨の異常の可能性がある場合には、整形外科的診察や治療も必要となります。

たこ

必要に応じて硬くなった角質を軟膏などで軟らかくしたり、スピール膏を貼ったりハサミ・メスなどを用いて除去したりします。また、足底の表皮嚢腫などの皮下腫瘍の影響で表面の皮膚にたこができていることがあり、このような場合は原因である腫瘍の治療が必要となります。

うおのめもたこも、どの治療法がベストなのかは患者さんによって異なります。原因の診断も含めて、医師とよく相談することが大切です。

たこ・うおのめに関するQ&A

Q.うおのめやたこにならないためには、どうすればいいですか?

A.うおのめやたこの原因となる「一部の場所の皮膚への継続的な刺激」は、窮屈な靴を履く、長時間の歩行をする、足の変形がある、歩き方に異常がある、この他加齢や病気などによって脂肪組織が減少したり、浅い所に固い骨や関節があるなどの原因により生じます。このような圧迫の原因を見つけてできる限り除去することが、予防と治療の両方に最も大切です。

圧迫の原因が除去されない限りは、治療を続けても中々治らないばかりか、一度治っても再発する可能性が高いです。足に合っていない靴が原因となる場合も多いため、皮膚科でうおのめやたこと診断されたら、専門の靴屋さんに相談することも大切です。適正な靴に替えただけで、うおのめが治ることもあります。

ただし、他の病気が原因である場合や、職業や生活習慣など実際には除去できない原因のこともあります。保湿剤や角質軟化剤などを用いたスキンケアやパッドなどを用いるなど、なるべく局所の刺激を少なくするような工夫も必要となります。

Q.うおのめやたこの市販薬が売られていますが、自分で治療しても大丈夫ですか?

A.正しい治療のためには正しい診断が不可欠となります。うおのめやたこは良性のありふれた皮膚病ですが、時に区別がつきにくいことや、他の皮膚病を併発している可能性があります。足の裏の悪性腫瘍をうおのめと自己診断して、自己治療しているうちに進行させてしまうケースも見られます。自己診断が正しくても、どんなに簡単な治療法であっても、正しく行われないとかえってひどくなることがあります。

治療を成功させるためには、可能な限り病気の根本原因を取り除くことが重要となります。治療に際しては、先ず初めに皮膚科医の正しい診断を仰いで下さい。医師の指導と管理の下に適切に行われるのであれば、市販のお薬を用いて自分で治療することもあってよいと思います。